「酵素置き換えダイエット」と「酵素断食ダイエット」の違いを簡わかりやすく説明します!

「酵素置き換え」と「酵素断食」はどう違う?

最近、酵素ダイエットというダイエット法はよく耳にしますよね。その中でもとりわけ効果が大きいと言われている「酵素置き換え」と「酵素断食」。この2つのダイエット方法ですが、いまいちどう違うのか、それとも同じものなのかがわからない人は多いと思います。

というわけで、今回の記事でははこの2つのダイエット方法のについて、効果や違いなどを調べてみました。

酵素置き換えダイエット

酵素置き換えダイエットとは、その名の通り「1日の食事のうち、1食、または2食を酵素ドリンクに置き換える」というダイエット方法です。

例えば、夕食を食べずにその代わりに酵素ドリンク飲むようにしたりする、という感じです。各メーカーが色々な置き換えダイエットのプランを提案していて迷ってしまうかもしれませんが、だいたいどれも1週間~数ヶ月で体重-3kgから-10kgを目指す、という方針が基本となっています。

長期的に体質改善を目指す

置き換えダイエットはすぐに効果が出るというわけではありません。ですが、1食または2食を置き換えるだけなので体に負担なく楽に実行することができます。

目的はすぐに結果を出すことよりも、酵素の力で体質を改善し、代謝を活発にし、太りにくく健康になる、ということにあります。体重減とともに、体質改善や美容の効果の面で酵素を役に立てたい方におすすめできるダイエット方法です。

酵素断食ダイエット(ファスティング)

酵素断食ダイエットも、基本的には「置き換え」とやることは同じです。ただしこちらはちょっと過激で、「1日の食事すべてを酵素ドリンクに置き換える」というものです。

普通の食事はダイエット期間中は食べないので、「断食」と呼ばれているわけです。食事を全部酵素ドリンクだけにしてしまって栄養などは大丈夫?と思うかもしれませんが、酵素断食ダイエットを刷る場合は、それ用の酵素ドリンクを使います。そしてその酵素ドリンクには必要な栄養分やカロリーが入っているので問題ないんですね。

短期的に実行するダイエット

断食ダイエットは食事をすべて酵素ドリンクに置き換えるので、肉体的負担はそこまででなくても、精神的な負担は結構大きいもの。

ですので、このダイエットは何週間何ヶ月も続けるものではなく、基本的には3日程度を限度に短期で行い、素早いダイエット効果を目指すものです。目標とする体重減もだいたい2,3kgくらいです。

共通して言えることは、「リバウンドしない」

置き換えダイエットも断食ダイエットも、「結局食事をしてないんだから体重が減るのは当たり前。やめたらすぐにリバウンドしてしまう」という批判があります。しかしこれは重要な点を見落としています。普通の断食ダイエットや、カロリーゼロの食品に置き換えるダイエットならこの批判はたしかにそうかもしれません。でも、酵素ドリンクダイエットは、「必要な栄養素やカロリーをきちんととっている」のですから、普通の断食などとは違うんですよね。だから、元の食事に戻したらすぐにリバウンドしてしまった…というようなことはないんです。

一番効果があるのは酵素断食と酵素置き換えのハイブリッド

管理人が実際に酵素ダイエットをやってみて一番オススメと思っているダイエットが、この2つの方法を組み合わせるやり方です。

・まず数日間だけ我慢して酵素断食でスタートダッシュする

・その後は酵素置き換えダイエットに移行して、長期的な体質改善をして維持する(痩せる)

ということですね。いくらリバウンドしないと言っても、酵素断食ダイエットでせっかく減った体重も、その後また不健康な生活を続けていては元に戻ってしまいます。そのためにはやはり、長期的な体質改善が望ましいのですが、長期的なダイエットはすぐに結果が見えないということで、モチベーションが続かない人がいるのも事実です。

ですので、まずは最初に酵素断食で目に見える効果を出し、その後は1食または2食の置き換えに控えて、酵素置き換えダイエットに移行する、というやり方がベスト。余裕があれば、1ヶ月に1回位のスパンで酵素断食を行っても良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする