血液サラサラ・記憶力効果!DHA&EPAのお話

DHA・EPAとは

DHA・EPAとは、青魚の脂分に多く含まれる脂肪酸です、DHAの正式名称はドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸といい、この2つはどちらもオメガ脂肪酸で、まとめて説明されることが多いものです。この記事でも基本的にはこの2つをまとめて解説します。

 




>>「グリーンミルク」公式サイトはこちら

DHAの効果効能

DHAの効果効能は様々なものがあり、代表的なものを上げるだけでも、コレステロール低下、中性脂肪低下、動脈硬化予防、高脂血症改善、高血圧の予防、学習能力、記憶力の向上、乳幼児の脳や神経の発達、抗うつ、アルツハイマー予防、老人性認知症の予防・改善、生活習慣病の予防などがあります。

そして逆にDHAが不足してしまうと、色々な悪影響があります。悪玉コレストロールが増えると動脈硬化がおこり血管が詰まりやすくなり、血液の流れが悪くなるために、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクも高くなります。

また、DHAには脳や神経の機能を安定させる効果効能があるため、これが不足することによって、うつや不安症状の発症、認知症の進行を引き起こすと考えられています。

 

DHAとEPAの違い

EPAとDHAは、どちらも青魚の油に豊富にふくまれ、生活習慣病の予防に高い効果を発揮します。とくに体内では必要であればDHAはEPAに変化し、逆にEPAがDHAに変化する事もあるため、同じような成分と思われていますが、細かく見れば効果は異なることがわかってきました。ざっくりと言ってしまえば、DHAは脳や目にとって有効な成分で、EPAは血液関連に有効な成分です。ただし、多くのサプリメントではDHA・EPAというような感じで一緒に配合されていることがほとんどですので、サプリメントを使う観点からはあまり気にしなくて良いと思います。「グリーンミルク」もDHAとEPAがどちらも配合されているので、安心です。

 

DHA・EPAはどういう人に向いている?

DHA・EPAには様々な健康効果が期待できるため、基本的には誰でも摂取するほうが良いのは間違いないでしょう。ただ、それでも効果の特性を考えると、代表的な効果効能は「血液サラサラ効果」「記憶力系」「アルツハイマー予防」の3本柱と言っていいでしょう。ということはそれらの効果から考えると…

 

血液サラサラ効果

血液をサラサラにしてくれる効果が期待できるDHA・EPA。ですので、まずおすすめなのは中性脂肪が高いなどの肥満気味でコレステロールを気にする方や、よくお酒を飲む方におすすめです。直接、二日酔いに効くなどの効果はないものの、飲み過ぎや脂肪過多による悪影響を予防してくれることが期待できます。

 

記憶力・学習能力の向上

頭を使った仕事をする人や、資格試験などを学習中の方、そして学生の方には記憶力・学習能力の向上を期待できます。乳幼児の脳の神経の発達などにも関わってくることから、幼稚園でも導入され、子どもでも美味しく飲める「グリーンミルク」はぴったりです。

 

アルツハイマー予防

DHA・EPAは同様に、アルツハイマーの予防にも期待することができます。ですので、高齢者の方や、最近物忘れが多くなってきたという壮年の方などが摂取するのはとても良いことです。自分やお子様だけではなく、ご両親に「グリーンミルク」をプレゼントするというのはとても喜ばれることでしょう。親にいつまでも元気でいて欲しい人には理想の健康食品と言えます。

 

いかがでしたでしょうか。DHA・EPAは細かい効果効能や違いになると、かなり学問的な話になってきてしまうため、ここではざっくりとした解説をさせていただきました。DHA・EPAを効率良く取れるサプリやグリーンミルク青汁を使い、元気な毎日を過ごしたいですね!



>>「グリーンミルク」公式サイトはこちら